弁護士特約があるのなら弁護士に依頼を

弁護士交通事故で、もし加入している保険で「弁護士特約」があるのでしたら、ぜひ弁護士に依頼されるほうが確実で、安心して任せることができます。保険会社に対する賠償の窓口となって手続きしてくれますし、治療が打ち切られそうになったとき、弁護士が状況を考慮して対応してくれます。そのため、被害者は治療に専念することができるため、煩わしい手間や苦労を省くことができます。

弁護士特約に加入しているのでしたら、これらの手続きをすべて弁護士に任せることができるため、経済的な負担をかけることなく、保険会社の手続きや、後遺症の認定、示談交渉など全般を任せることができるため、大変有利な方法です。弁護士特約に加入している、ということを知らないため、そのまま自分が窓口になって保険会社と対応しているという方も少なくないでしょう。

もし、任意保険に加入して事故に遭ったであれば、弁護士特約に加入しているかどうかをよく確認してみることをお勧めいたします。保険会社は弁護士特約に加入しているからといって、「弁護士を立てたほうがよい」とは教えてくれません。経済的に不利益を被らないようにするためにも、ぜひ弁護士特約に加入しているのか、一度確認をしてみることをおすすめいたします。

交通事故専門の弁護士の強み

お金交通事故での慰謝料や後遺症に関する賠償は、自賠責基準、保険会社が提示する基準、弁護士が過去の判例をもとに判断する基準と、それぞれが違います。これらの基準で、あえて被害者が低い基準を採用され、経済的に不利益を被る必要はまったくありません。交通事故専門の弁護士は、過去の判例や、実際にどの程度の請求が可能なのかを正しく計算し、被害者の経済的に負担が発生することを避けることができるでしょう。

交通事故専門の弁護士であれば、実際に交通事故関係でどのような点に注意しなければならないのか、実際に携わった例も多いため、判断が早く、相談にも迅速に対応してくれます。交通事故を専門として取り扱っているため、保険会社と窓口になって対応するときも、どのような点を注意しなければならないのか、具体的な注意点を素早く判断してくれます。

弁護士基準で判断されるほうが、結果的に被害者にとって慰謝料の増額などを期待でき、弁護士費用を支払ったとしても慰謝料として受け取れる金額は増額される例がほとんどです。特に後遺症が認定されるような大きな事故である場合には、経済的な不利益を被らないためにも、交通事故専門の弁護士に相談することを検討されてみてはいかがでしょうか。最後に弁護士特約について紹介します。もし加入している保険で弁護士特約がついているのであれば参考にしてみてください。

示談交渉は慎重に進める

示談交渉は慎重に進めるべきです。なぜなら示談は「一度同意すればその後、双方不服があったとしても示談は尊重される」ものだからです。そのため、安易な示談をしてしまうと、後で後遺症認定や慰謝料の金額、休業損害や後遺症が発生したときの喪失した労働力に応じた賠償金額などが示談した場合と弁護士に相談した場合では金額的にかなりの開きがある可能性があるからです。

困る女性示談は「協定書」「示談書」などとなっており、治療打ち切り、もしくは完了後に行われることが一般的です。示談は、保険会社の担当者と直接、交渉した場合には基本的に交通事故被害に遭った方の諸事情は考慮されず、一定の保険会社独自の決まりによって示談内容の概要が決まってしまいます。

しかし、この示談内容が本当に妥当であるのか、安易に判断することは危険です。なぜなら、示談の内容の基準は、過去の判例から決められた弁護士基準ではなく、保険会社が自賠責保険を元に考慮して算出した慰謝料や休業損害から導き出されているからなのです。これらの点から弁護士に相談したほうが最終的に受け取れる慰謝料が高くなることは珍しくないことです。もし、理不尽だと感じた示談内容でしたら、専門の弁護士に相談されてみてはいかがでしょうか。

交通事故被害の示談交渉の難しさ

事故交通事故の示談交渉は、専門的な判断が求められることもあり、決して簡単ではありません。自賠責基準や各保険会社の独自の基準の賠償額、そして過去の判例を参考にした弁護士基準があります。自賠責保険は、自動車が加入するときに被害者保護のために整備された通称「強制保険」で治療費や慰謝料を上限を120万円として、そのほか、後遺症認定をされたときに別途、支払額を設けています。これらの交通事故被害にあったときの示談交渉をどうするべきか、弁護士に相談するメリットと合わせてご紹介します。

交通事故の示談交渉は、相手側と交渉するとき、基本的に相手方が加入している任意保険の担当者が窓口になります。そのため、保険会社は最高額となる「弁護士基準」を一般の方相手が主張したとしても弁護士ではないことを理由に受け付けてくれません。短期間の治療で終わる場合でしたら、それほど影響しませんが事故が大きく、治療期間も長期間にわたる場合には、総額の慰謝料がかなり高額になることも珍しくありません。

その場合、自分で示談交渉を行うよりは、交通事故の専門の弁護士に任せるほうが示談交渉もスムーズに進めることができますし、結果的に受け取ることができる慰謝料や休業損害、後遺症が認定されたときの総額の賠償額は高くなることが珍しくありません。たとえ弁護士費用を支払ったとしても総額ではかなりの差額になることも珍しくないため、まず一度、相談されてみるとよいでしょう。