交通事故被害の示談交渉の難しさ

事故交通事故の示談交渉は、専門的な判断が求められることもあり、決して簡単ではありません。自賠責基準や各保険会社の独自の基準の賠償額、そして過去の判例を参考にした弁護士基準があります。自賠責保険は、自動車が加入するときに被害者保護のために整備された通称「強制保険」で治療費や慰謝料を上限を120万円として、そのほか、後遺症認定をされたときに別途、支払額を設けています。これらの交通事故被害にあったときの示談交渉をどうするべきか、弁護士に相談するメリットと合わせてご紹介します。

交通事故の示談交渉は、相手側と交渉するとき、基本的に相手方が加入している任意保険の担当者が窓口になります。そのため、保険会社は最高額となる「弁護士基準」を一般の方相手が主張したとしても弁護士ではないことを理由に受け付けてくれません。短期間の治療で終わる場合でしたら、それほど影響しませんが事故が大きく、治療期間も長期間にわたる場合には、総額の慰謝料がかなり高額になることも珍しくありません。

その場合、自分で示談交渉を行うよりは、交通事故の専門の弁護士に任せるほうが示談交渉もスムーズに進めることができますし、結果的に受け取ることができる慰謝料や休業損害、後遺症が認定されたときの総額の賠償額は高くなることが珍しくありません。たとえ弁護士費用を支払ったとしても総額ではかなりの差額になることも珍しくないため、まず一度、相談されてみるとよいでしょう。