交通事故専門の弁護士の強み

お金交通事故での慰謝料や後遺症に関する賠償は、自賠責基準、保険会社が提示する基準、弁護士が過去の判例をもとに判断する基準と、それぞれが違います。これらの基準で、あえて被害者が低い基準を採用され、経済的に不利益を被る必要はまったくありません。交通事故専門の弁護士は、過去の判例や、実際にどの程度の請求が可能なのかを正しく計算し、被害者の経済的に負担が発生することを避けることができるでしょう。

交通事故専門の弁護士であれば、実際に交通事故関係でどのような点に注意しなければならないのか、実際に携わった例も多いため、判断が早く、相談にも迅速に対応してくれます。交通事故を専門として取り扱っているため、保険会社と窓口になって対応するときも、どのような点を注意しなければならないのか、具体的な注意点を素早く判断してくれます。

弁護士基準で判断されるほうが、結果的に被害者にとって慰謝料の増額などを期待でき、弁護士費用を支払ったとしても慰謝料として受け取れる金額は増額される例がほとんどです。特に後遺症が認定されるような大きな事故である場合には、経済的な不利益を被らないためにも、交通事故専門の弁護士に相談することを検討されてみてはいかがでしょうか。最後に弁護士特約について紹介します。もし加入している保険で弁護士特約がついているのであれば参考にしてみてください。