交通事故における示談書交渉の留意点

交通事故が発生した場合で、自分が被害者なった場合、また加害者で相手にケガをさせた場合などにおいては示談により損害賠償額などを決定して示談書を交わします。示談書の交渉に当たっての留意点について説明します。

示談交渉は本来は交通事故の被害者と加害者の間で話し合われるものです。

現在は加害者が自動車の任意保険に加入していれば、加害者側は保険会社を代理人として示談交渉するのが通例です。

示談書の本文には、末尾に「この事故に関して、これ以上当時者間に債権債務はありません」という文言が入ります。示談書を交わしたあとに、事故と思われる後遺症が発症したとしても、この文言が入っていますので、それに対する損害賠償を請求することは困難です。

それ故、示談にあたってはサインを急がずに、じっくり交渉することが必要です。被害者の立場から示談について交渉するときの留意点としては、一人で判断するのではなく法律の専門家や公的機関などに相談し正しい知識のもとで交渉することです。

加害者の立場から示談を交渉する場合の留意点としては、事故現場で安易に示談に応じないことです。任意保険に加入している場合には、自分で示談を行うには保険会社の承諾が必要となります。事故を起こしたという罪の意識から妥当な賠償額を超えた場合には、保険会社から保険が支払われないことがあります。

保険会社に連絡しますと、保険会社の担当者が代理人として示談交渉をしてくれますので、専門的知識を持った保険会社に交渉を託します。この際、代理人に任せて何もしないのは被害者に失礼ですので、被害者には謝罪と礼儀を尽くすことが重要です。

示談書の交渉にあたっては以上の点に留意し、後々問題が起こらないようにすることが大事です。

交通事故と慰謝料の示談交渉