弁護士特約があるのなら弁護士に依頼を

弁護士交通事故で、もし加入している保険で「弁護士特約」があるのでしたら、ぜひ弁護士に依頼されるほうが確実で、安心して任せることができます。保険会社に対する賠償の窓口となって手続きしてくれますし、治療が打ち切られそうになったとき、弁護士が状況を考慮して対応してくれます。そのため、被害者は治療に専念することができるため、煩わしい手間や苦労を省くことができます。

弁護士特約に加入しているのでしたら、これらの手続きをすべて弁護士に任せることができるため、経済的な負担をかけることなく、保険会社の手続きや、後遺症の認定、示談交渉など全般を任せることができるため、大変有利な方法です。弁護士特約に加入している、ということを知らないため、そのまま自分が窓口になって保険会社と対応しているという方も少なくないでしょう。

もし、任意保険に加入して事故に遭ったであれば、弁護士特約に加入しているかどうかをよく確認してみることをお勧めいたします。保険会社は弁護士特約に加入しているからといって、「弁護士を立てたほうがよい」とは教えてくれません。経済的に不利益を被らないようにするためにも、ぜひ弁護士特約に加入しているのか、一度確認をしてみることをおすすめいたします。